世界で唯一無二あなただけのバッグが欲しい方へ・レザークラフト職人がつくるオリジナルバッグ・お財布バッグ

みんな似たような
バッグばかり持っている…

世の中には、流行りのブランドバッグや、大量生産の安価なバッグを多くの人が持ち歩いています。そのほとんどはどこか似通っており、見たことがあるようなバッグばかりで個性に欠け面白みが感じられません。ただ人気があるもの、流行っているものに惑わされることのない”違いの分かる”あなたは、そんなつまらない選択肢に辟易しているのではないでしょうか?

自分しか持っていない
個性的なバッグが欲しい

そんなあなたに提案したい特別なバッグがあります。皮革工房尊の「お財布バッグ」です。職人が一点一点、独創的なデザインの彫刻を施し、染料や顔料で色付けされた華やかな作品は秀逸の一言に尽き、唯一無二の芸術品と言っても過言ではない一品。ひとつとして同じものはなく、それぞれが唯一の世界観を持った、あなただけのために生み出されたオンリーワンのバッグです。

あなたの心を満たしてくれる
特別なバッグ

そんなバッグを手にしたあなたは、自分だけの特別なものを手に入れたという充足感と優越感で満たされることでしょう。技術とセンスを認められた職人が、ひとつひとつ心を込めて仕上げたバッグは美術価値も高く芸術的です。それを手に取り触れて眺める時間は至福であり、人の心を豊かにしてくれます。オールレザーのこのバッグは使い込むことで革が体に馴染み、さらに味わいが増すと、愛着はより深いものにもなっていきます。普段の外出に、旅行に、ルンルンと足取りが軽くなるような気持ちにさせるあなたのお気に入りのバッグになること間違いないでしょう。バッグを持って出掛ける一時ひとときがあなたの素敵な思い出になります。

バッグがコミュニケーション
のきっかけに

ただ自分が楽しむだけでなく、あなたは人に見せて自慢したくなるはずです。自分から自慢するまでもなく、あなたの持つこのバッグを目にした人は、その個性的な魅力に心を奪われ、あちらから話しかけてくるかも知れません。あなたはこのバッグを選んだことに喜びと満足を感じるはずです。

このバッグがコミュニケーションのきっかけとなり会話が生まれてかけがえのない楽しい時間を過ごすことができます。その相手がたとえ初対面の人であったとしてもです。あなたは出掛けるのが楽しくなり、いつもこのバッグを持ち歩きたくなることでしょう。毎日が楽しく、心が軽やかに感じられ、人生に彩りがもたらされます。

ありきたりではないオンリーワンの特別なバッグ。本物を求めるあなたにとって、皮革工房尊のお財布バッグは間違いなく特別な一品になることでしょう。あなたにはピッタリの選択肢です。

職人プロフィール
&ストーリー

- Craftsman Profile & Story -

曽田耕吉

曽田 耕吉
Kokichi Sota

1950年島根県宍道町(現・松江市)に生まれる。高校卒業後、地元の銀行に就職したが1年半ほど勤務して退職。

退職のきっかけとなったのは、銀行で勤務している時にいつも感じていた「お金では人を幸せには出来ない」という思いだった。銀行は、担保がないとお金を貸すことが出来ない。本当にお金のない人にはお金が貸せなかったのである。

銀行を退職後、クリスチャンであった耕吉は、1973年、三重県津市で宣教師として奉仕をしていた際に、世界的なレザークラフトコンテストで優勝を収めた西田年秀氏と出会い衝撃を受ける。

奉仕から戻り一旦は公務員として役場へ就職した。しかし、思い入れのあった学校教育分野から転向の内示を受けた時に、仕事を辞めようと決心する。

自分で責任を持つ仕事がしたいと考えた時、脳裏をよぎったのはやはり西田氏だった。電話ひとつ入れ、そのまま西田氏のもとへスーツケースを持って押し掛け、弟子入りする。

25歳でスタートした弟子入り生活は、住み込みで月給1万円ほど。28歳で結婚したが、その頃も収入は決して多くなく、妻もアルバイトでなんとか稼ぎ、切り詰めた生活をしながら修行に勤しんだ。

基本的な手法を学びながら修行を積む傍ら、その実力が認められ、全国のレザークラフト講師のための指導者に抜擢される。

また、西田氏の刊行した図案集4冊の中に図案および作品がそれぞれ20件以上採用される。とくに風景は、曽田耕吉の作品のみが掲載されている。

1979年、西田氏より独立し、島根へ帰郷する。自宅の一部を改築して工房を設け、制作活動を開始。

最初は作ることのみで売る方法も分からないような状態だったが、そんな中で、近所の奥様方に作品を購入していただいたことは制作活動の励みになった。

展示販売は、米子高島屋で開催された手作り展に出展したのが始まりだった。作品を目にした担当者や出展者からの評価を受け、次々と紹介に発展するなどし、そこから、日本全国のデパート、ギャラリー等を展示販売で巡ることになる。

また、海外での出展を経験するほか、様々なコンテストで高い評価を受けたり、受賞するなどし、職人としての実力を身につけていく。新聞やテレビ等メディアでも多数取り上げられている。

多くのレザークラフト作品は、どこか似通った図案のものが多い。何か他とは一線を画する独創的で特徴のある作品作りをしたいという思いは持っていた。

そんな中、あるお客様に言われた「人と違った物が欲しい。風景を鞄に出来ない?」の言葉がきっかけとなり、風景をモチーフとした作品の制作を試みる。

特徴的な風景を題材にすることは斬新で画期的であった。風景をレザークラフトに落とし込んだその作品は曽田耕吉をオンリーワンたらしめる所以でもある。

風景は彫るのが難しく色付けにも苦労を要する。風景を彫り込んだ名刺入れを手にとった、とあるコンテストの審査員により、「これは大作だ。これまで見たこともないし、なかなか作れるものではない」と評されたこともある。それほどまでに、曽田耕吉の作品は人を魅了して惹きつけるのである。

実績・受賞歴・
メディア露出

- Achievements / Awards / Media Exposure -

  • 1979年に工房を設立、創業41年(2020年現在)
  • ドイツ・アウクスブルグでJapan Week出展(1989年)
  • 山陰中央新報「くらしの美-山陰の匠たち」にて掲載(1993年)
  • NHKドキュメンタリー番組「匠のこころ」にて放送(1994年)
  • 山陰ケーブルビジョン「すてきにトーク」の取材・放映(2010年)
  • 山陰中央テレビ「職人さんの道具(マナビーヤ)」の取材・放映(2016年)
  • 松江市手作り産業優良技能者功労賞認定(2016年)
  • 第42回新日美展・工芸部門にて2作品「入選」受賞(2018年)
  • 第43回新日美展・工芸部門「中尾賞」受賞(2019年)
  • 第1回インターナショナルレザークラフトエキシビション 3部門「入選」受賞(2020年)
  • 全国のデパート、ギャラリー等に出展
中尾賞受賞作品「穏やかな一時」

中尾賞受賞作品「穏やかな一時」

お客様の声

- Customer's Voice -

お客様の声
千葉県K様

千葉県 K様

この度オーダーをお願いした、赤いお財布バッグをおくっていただき誠にありがとうございました。想像以上のできばえで大変満足しております。感謝いたします。

島根県I様

島根県 I様

丹精をこめて作られた、同じものがない一点商品、使うほど皮の良さが表れるすばらしい商品です。私はたくさんのデザインの中で風景が気に入り、風景の商品を購入させていただきました。柔らかくなり馴染んで年輪というアジが出てきたように感じます。

大阪府某様

大阪府 某様

只今手提げ鞄を拝受しました。可愛い手さげを便利そうな鞄をお送り頂き有難うございました。マレーシヤに住んでおります娘の所へ持参いたしますが娘にとられそうで不安です。有難う存じました。

大阪府H様

大阪府 H様

バッグ、とても素晴らしいです。嬉しいです。このバッグを持って31日、東京の大会に出席致します。きっと、友達に羨ましがられると思います。有難とうございました。

お財布バッグ
商品説明

- Product Description -

お財布バッグ

島根のレザークラフト職人・曽田耕吉によるオリジナルバッグです。緻密な彫刻が施された、総牛革のお財布を兼ねたバッグです。そのままお財布のようにご利用いただけます。

バッグの中で一番重たいものはお財布です。また買い物の時、片手がお財布でふさがることも多いと思います。

そこで、お財布をそのままバッグにすることにより、両手を自由にお使いいただくことができるお財布バッグを実現しました。

旅行などでも、バッグを斜め掛けすることにより、肌身離さずに貴重品をお持ちいただけます。紐の長さはお客様に合わせて穴をお開けいたします。

ふたを開けると、お札や商品券を入れる部分が飛び出さないように工夫してあります。その下にあるファスナーは小銭入れになっています。ファスナーは、両開きとなっているので、利き手を選びません。また、ふたの裏側は、貴重品入れになっており便利です。

バッグ背面、上のファスナーは、手が奥まで入るので、携帯電話・スマートフォンや、ペンなどよく使うものが取り出しやすいようになっています。

バッグ背面、下のファスナーを開けると、カードを入れる部分が12ヶ所ございます。よく使うけれどかさばるカード類をまとめてバッグに備えるだけで使い勝手のよいバッグになります。

バッグ容量は500mlのペットボトルも入る程度の大きさとなっております。

人目を引く彫刻やバッグとしての使いやすさなどにこだわった一点物となります。

制作には最低3ヶ月のお時間をいただいております。職人がじっくりと時間を掛けて妥協のない製品づくりをしているためです。※状況によっては早くお届けできる場合もございます。

お財布バッグ(風景・城)

154,000円(税込)
送料無料

サイズ:24x24x10cm
重量:約500g
素材:牛革

商品購入ページへ

街で人の目を引きつける
個性的な存在感

肩掛け時
斜め掛け時

バッグ表面に刻まれた個性的な絵柄は、どこへ行っても人の目を引きつけ魅了します。世の中のどんなバッグより一際強い存在感を放ちます。

お財布バッグはその名の通り、お財布を兼ねたバッグなので、旅先など外出時にこれひとつあれば十分。荷物がかさばらないぶん気持ちも足取りも軽くなります。

ショルダーストラップの長さを調節すれば斜め掛けで着用することも可能です。

機能面も追求した
実用的なバッグ

表面

蓋開き時

側面

裏面

蓋を開いた状態。ポケットや仕切りがたくさんあり便利です。

札入れはかなり余裕がありたくさん入ります。

500mlのペットボトルが3本も入ります。

裏面下段のファスナーを開けるとカード用の収納です。たっぷり12枚も入ります。

裏面上段ファスナーのポケットは長4封筒がすっぽり入るほど深く作られています。

スマートフォンなどを入れるのに便利なポケットが付いています。

色・柄のバリエーション
も豊富

お好きな色・柄をオーダーいただければお好みに合わせて仕立てさせていただくことも可能です。色・柄の組み合わせはあなた次第です。大切な一点を見つけてください。ご注文をいただいた後に製作いたしますので、紐の長さ調整など細やかなご要望をうかがうことが出来ます。※デザインにより価格は異なります。

商品購入ページへ

他では手に入らない
希少なバッグを
ぜひあなたのものに

お財布バッグはいくつかの絵柄がありますが、中でもレザークラフト作品としては珍しい風景の彫刻を施したものもあります。緻密で細やかな彫刻、深みのある渋い色は、数々の受賞歴を持つ確かな職人がひとつひとつ丹精込めて施しました。他ではめったに出会うことのない希少なバッグはどれもすべてが、この世にひとつしかない一点物になります。

お財布バッグは皮革工房尊ネットショップからすぐにご購入いただけます。また、お電話1本でご注文いただくこともできます。

特典

今、お財布バッグをお買い上げいただいた方には、特典として、もれなく出雲大社で縁結びのご祈祷を受けた「尊ストラップ」を差し上げます。

尊ストラップ
保証

お財布バッグは補修しながら大切に長く使い続けていただくことができる製品です。使っているうちに不都合が出た場合はすぐにお問い合わせください。皮革工房尊でいつでも修理対応させていただきます。愛着のあるお気に入りのバッグを、直しながらずっと大切に使っていきたいというお客様のお気持ちに寄り添います。修理は基本的に有償で承りますが、簡易な修理であれば無償対応可能な場合もあります。

商品購入ページへ

本物志向なあなたのための
オンリーワン

皮革工房尊の革製品はすべてが一点物になります。お財布バッグも例外ではありません。ひとつとして同じものはなく、それぞれが別の表情を持ち、それを選び手にした人にとってオンリーワンの商品となります。

手にした人は、自分だけの特別なバッグを手に入れたという充足感と優越感で満たされます。認められた職人が一点一点心を込めて仕上げたバッグは美術価値も高く芸術的で、それを手に取り触れて眺める時間は至福であり、心を豊かなものにしてくれます。また、このバッグがコミュニケーションのきっかけとなり、あなたにとってかけがえのない楽しい時間を約束してくれるでしょう。

職人が独創的なデザインの彫刻を施し、染料や顔料で色付けされた華やかな作品は、唯一無二の芸術品とも呼べる一品です。ひとつひとつ表情が異なって同じものはひとつとなく、それぞれのバッグはすべて一点物となります。

職人のセンスと技術の高さは、多くの受賞歴やメディアでの露出がそれを裏付けています。

大量に製造されたブランドバッグや安価な大衆向けバッグではなかなかこのような体験は出来ないのではないでしょうか。皮革工房尊のお財布バッグを手にしていただければ、本物の解るあなたは、その特別な魅力をすぐに理解できるはずです。皮革工房尊のお財布バッグをお選びいただき、あなたの人生を豊かなものにして欲しいと願っております。

商品購入ページへ
特定商取引法に基づく表示